床洗浄WAX

今日は床洗浄&WAXをやってまいりました

今回の現場は20年ほど掃除らしい掃除をしてなかったらしく
非常に汚れが取りにくい状況でありました
ですがこういう状況こそ燃えてくるのです

         施工前

   

まず床専用洗剤を塗布し反応させ、汚れが落ちやすくします
そしてポリッシャーで圧力をかけながらゆっくりと丁寧に進んでいきます
すみのほうも忘れずに汚れを落とします
ここで手を抜くと仕上げのWAXが生きてきませんので汚れは
残さないようします

これだけ汚れが落ちていくと気持ちがいいですね

         施工中

   


さて汚れを全て落とすとWAX塗布作業です
やはりこれにも手は抜けません

WAXを塗ると光沢度が格段に違いますね

         施工後

   


施主様にも「こんなに綺麗になったの」と驚きと喜びの声をいただき
私どもとしましても大満足であります

いかがでしたでしょうか?

床洗浄だけでなくその他の清掃でお困りの方は
岡山美建蠅泙任艦⇒蹐ださい


マンション美装2

 さてさて、前回の続きでございます。
前回は勉強の為、自宅のお風呂を掃除したお話しをさせていただきました。
そうしたら嫁が一言
『他のとこもお願いね』
と言われたので、他の箇所も美装しています。

個人的にではありますが…
これが定期化しない事を祈っています…

戯言はさておき…

今回はキッチン編をお送りいたします。
自宅なので、研究も含め、少しだけ大胆にやってみました。

まずはお恥ずかしいのですが…
キッチンの汚れをまずご覧ください。

キッチン1

キッチン3

キッチン4

キッチン2

こんな感じです。
レンジフードは施工中にあわてて撮影したので、施工中なものですが…
全て外して薬品散布した後です。白いのがそうですね。
とりあえず『元の色が茶色?』ってくらいの油汚れでした…
お恥ずかしい限りです…

これに使う薬品の説明をすると長々なりそうなので割愛しますが、
キッチンの基本的な汚れは油汚れがメインになります。
そして、キッチンはステンレスが多く使われているので、
輝き復元、研磨の為にクリーナー等を使用しています。
あとは虫等が湧きやすい排水管等も洗浄しました。

そして最後に除菌剤にて拭き上げをしていきます。
これは99.9%の殺菌能力なのにケミカルではありません。
残留も全くないので、施工後にすぐ料理を作っても全く問題ありません。
ちなみにこの施工後、ここで夕食用に生野菜を切ったりしましたが、全く問題ありませんでした。

施工後の感じがこちらになります。

キッチン1後

キッチン2後

キッチン4後

キッチン3後

キッチン壁紙後

こんな感じです。
経年のキズはありますが、ステンレスの輝きも復活して、いい感じになりました。
綺麗になったら壁も気になったので、一緒に壁紙を美装しました。

ここで自宅は自分でやりたい!という方にアドバイスです。
油汚れはこびり付くとなかなか落ちないですよね?
かと言ってゴシゴシ擦ってしまうと、油が伸びますし、傷も付けてしまいます。
一度傷がついてしまうと、そこから腐敗が進み、そこから周りに向かって黒く変色していきます。
でもゴシゴシしないとガンコな油汚れはなかなか落ちないですよね?

そんな時に活躍するのがサランラップです。
こんな使い方をします。

ラップ

汚れ部分に薬品を散布して、それをラップでパッケージしちゃいます。
薬品を汚れにキッチリ浸透させる為のステップです。
少し経ってから拭いてみて、まだ足りなかったら繰り返す…をしてみてください。

見た目を綺麗にする…だけなら擦ったりすれば案外簡単に綺麗になります。
でも、結果腐敗を促進するようなやり方をするのであればプロとは言えませんよね。

当社から派遣されるスタッフは、全てそういった事も含め研修済の人材のみです。
依頼されたルームクリーニング後、納得してもらえる自信があります!

もしルームクリーニングでお困りの事があればなんでも相談してください。
誠心誠意お付き合いさせていただきます。

マンション美装

遅れ馳せながら、
あけましておめでとうございます。
本格的に肌寒い日々となりました。
みなさま、いかがお過ごしですか?

岡山美建の2013年は事務所の模様替えから始まりました。
美建名物でもある金魚の水槽も位置を変えで気分一新です。
見える景色が変わると心機も一転するものです。
これで新しい気持ちで2013年を踏み出せます。

そして、これからは個人的になのですが…

汚れの勉強も含めて、自宅を美装いたしました。
うちは一軒家ではなくマンションなのですが、
マンション暮らしの方の依頼を想定して美装開始です。

まずはお風呂編

マンションにはお決まりのFRP樹脂でできたお風呂。
いわゆる一般的なユニットバスってやつです。
目に見える場所は嫁が頑張ってくれているので、そうでもないのですが…
日頃から見えない場所の赤カビの発生が気になっていました。
一番気になっていたシャンプーなんかを置いている台
これを動かしてみると…

シャンプー台下

こんな事になっていました…
掃除は嫁に任せていたとは言え、美装屋としてお恥ずかしい限りです…

そして、風呂釜横のパネルも剥がしてみます。

風呂釜横蓋

こんなのが風呂釜の横に付いていますよね?
これを外すと風呂釜の真下、一番水捌けが悪い場所が見えてきます。

すると…

風呂下

またまたお恥ずかしい姿を…

どうしても水捌けが悪く、空気の入りづらい場所が汚れていきます。
日頃はカビキラーなんかで嫁が一生懸命やってくれているのですが…
実際は手の届かない場所もあるのが事実です。

さてここからがプロの本領発揮です!

専門道具を背負いいざ美装。

まずは結果を上の写真と見比べてください。

シャンプー台後

風呂釜下後

いかがでしょうか?
カビだけではなく、経年による劣化も修繕しておきました。
他にも換気扇内のダクトや排水管等、普段嫁が掃除できないとこを重点的に美装しています。

このカビや汚れを放置していると、アトピー等の皮膚病の感染にも繋がるそうです。
なんにせよ、カビがある場所が直接皮膚に触れるのは気持ちいいものではないですよね?
これで少しでも気持ちよくお風呂に入浴できそうです。

今回は自宅でしたが、自宅だからと特別な施工をしているわけではありません。
お客様の笑顔の為、伺った際はこれ以上の努力をさせていただきます。

今年2013年も日々研究を重ねてより良い美装ができるよう精進いたします。
何か困った事があればお気軽に連絡ください。
スタッフが誠心誠意お付き合いさせていただきます!


カーペット洗浄

おはようございます。
岡山美建です。

夏は湿気が多く部屋自体がジメジメしてしまうものです。
我が家もそうなのですが、市販の湿気取りを置いていてもすぐに水が溜まってしまいます。
湿気が溜まると困るのは体感温度だけではなく、ホコリ等にも関係してきます。
どれだけこまめに掃除機掛け等をしていても、
部屋の中に湿気がこもっているので、ホコリが粘着して、溜まっていきます。
そして乾燥するとまた舞い散り、また粘着するのを繰り返します。

特にカーペット等の、いわゆる起毛しているような床の場合、
その起毛している箇所にホコリや髪の毛、パンの食べカス等が入り込みます。
そしてそれを目指して小さな虫がそのカーペットに入りこみ掃除機だけではなかなか取れません
部屋の床にカーペットを敷いている場合、もしくはクッションカーペット等であれば湿気は大敵です。

特に今はお子様の勉強机の下に1畳分のカーペットを敷いていたり、
大きな家具の下に敷いていたりと結構住居にも当たり前のようにあったりしますよね。
人が踏むカーペットは汗等で余計に湿気や油が溜まり、余計に汚れが停滞します。
カーペットはアレルゲンの原因になったり、アトピーなんかにも関連性があるので注意が必要です。

当社ではカーペットを綺麗にするのはもちろんなのですが、
このアレルゲンの除去、そして微生物の死骸等も回収します。
詳しくは当社HPを見てもらえれば詳しい内容や効果に関しても掲載しております。

少しだけ当社のカーペット洗浄をご紹介いたします。

施工前
カーペット作業前

施工後
カーペット作業後

このようになります。
アレルゲン等はもちろん写真に写りませんので、綺麗になったかどうかだけのご紹介です。

当社のカーペット洗浄は綺麗にする、アレルゲンを除去する、だけの掃除ではありません。
通常は水と薬剤を散布し、水と一緒にカーペット内の汚れを掻きだし、
ウェットバキュームで吸って、乾燥させる施工をします。
これだと施工中はもちろん、施工後も約1日通行不可能だったのです。
当社ではドライ方式を採用しております。
施工中はもちろん、施工後もすぐにそのカーペットの上を歩く事ができます。

今年は湿気も多かったので、このカーペット洗浄は多くご利用いただけました。
ほとんどが会社様や企業ビル内でしたが、もちろん一般家庭にも伺っております。

もし少しでも気になったら、当社のカーペット洗浄を思い出してください。
お問い合わせはお気軽にどうぞ。
誠心誠意お付き合いさせていただきます。

床面清掃(剥離作業)その1

こんにちは
岡山美建です。

肌寒い日から、急に暖かいポカポカ陽気となってきましたね。
毎日眠い目をこすって、岡山美建は頑張っております。

先日の金環日食は目撃できましたか?
岡山美建は仕事の集合時間にたまたまその歴史的瞬間に立ち会う事ができました。
しかし、誰も日食用のサングラスを持ってなかった為、
ただ眩しいだけの太陽で終わってしまい…非常に残念な結果となりました…

さて、そんな事は置いておいて

少し前の事となりますが、
岡山美建の社長がプライベートでもお世話になっている会社様の美装に行ってまいりました。
社長がお世話になっているという事で、最高級品質の商品を持ち込んでの美装です。

今回の施工箇所は、70崢のオフィスがひとつ
それにお客様用スペース、倉庫と給仕用の簡易キッチンがありました。

ここでの施工の手順は

1、掃除機でのダスト清掃
2、WAX、床面剥離作業
3、床面の洗浄
4、下地WAXの塗布
5、最高級WAX2層塗布
6、専用機器によるバフィング作業

以上の6工程となります。
簡単に6工程と言いましたが…
この工程は最高級とうたっているだけはあり、かなりのお時間をいただく形となります。
結果を重視しますので、先に施主様にかかる時間の説明をして行わせていただきました。
この時は3人で作業させていただいて、8時間はかかったと思われます。

でもこの商品は当社にとって、最高に自信のある商品となります。
仕上がった床面を見て、我ながら感動したのを覚えています。

写真でご紹介をしたいのですが、少し文章が長くなり過ぎたようです。
この下に写真を分けてご紹介したいと思います。



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM